読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスメ修行の徒然日記

コスメや健康の話題と、XperiaJ1CompactとPENTAXで写真を撮ってお出かけしたりするブログ。電力自由化の話題にも触れていけたら良いんだけど、ブログの方向性に迷うスタイル!Instagramとflickrもよろしくね!

紫外線を防ぐのに肌が荒れない!インナードライ乾燥肌が使うエクスボーテ CCクリーム

紫外線が気になる季節だから万全の日焼け対策で外出したい。それなのにベースメイクのSPF値が高いほど、Tゾーン(特に額)の皮が剥けてメイクがボロボロ…。

そんなインナードライの顔なので、SPF50のベースメイクなんて久しく使っていませんでした。

それが、肌荒れを起こさず毛穴がカバーされ、しかも下地からナチュラルなベースメイクまでが一つでこなせるCCクリームと出会ってしまいました。

そんなわけで、Ex:beaute CCクリームの使い心地と感想をレポートしたいと思います。

カバー力はあるのに厚塗り感を感じない

伸ばしやすくて、表面は滑らかに仕上がります。ツヤ感は自然で、フェイスパウダーを上から乗せればナチュラルでベーシックなベースメイクが完成します。

下地としてもベースメイクとしても使える多機能性

SPF50 PA+++の日焼け止め、ナチュラルカラーのメイクアップベース、CCクリームとしての仕上げと3つの使い方ができるようです。試しにパウダーファンデを重ねてみましたが、毛穴(手の甲なら小じわ)が綺麗に埋まっている分だけ仕上がりがキレイでした。ファンデの色味を邪魔しないです。

もう一段階色が明るいブライトカラーならファンデの色味を変えずに全体を明るくする効果を持っていそうですが、ナチュラルカラーの上にあえてファンデを重ねるのは特別仕上げにしたいときぐらい。

今の手持ちファンデがシミのカバー力や毛穴を埋める性能が全然ないとかそういうのでも無い限り、エクスボーテ CCクリーム一本で事足りるのではないかなと感じました。

崩れにくくて肌が荒れない

最初に述べたとおり、皮脂はものすごい出るのに根本は乾燥しているインナードライが恒常化しているせいでベースメイクには悩まされ続けてきました。それが、エクスボーテ CCクリームを使っていると皮脂も出ないしヨレないし。メイク直しの必要が無いのがとても助かります。

それでいて肌が荒れて毛穴が目立ち、皮が剥けるでもなく。これでSPF50とは本当なのか…夏は絶対これだな。と思いました。

あ、明らかに保湿不足の冬の朝に使うと夕方くらいには乾燥の小じわがちらほら出てきます。保湿はしっかり。

 

株式会社マードゥレクスのブログリポート参加中

サンプル コスメ修行の徒然日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。