読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスメ修行の徒然日記

コスメや健康の話題と、XperiaJ1CompactとPENTAXで写真を撮ってお出かけしたりするブログ。電力自由化の話題にも触れていけたら良いんだけど、ブログの方向性に迷うスタイル!Instagramとflickrもよろしくね!

コラーゲン不足?ならば粉末で食事に混ぜれば解決!よく溶けて味や匂いが邪魔しないHGコラーゲンは食べやすかった

モニター 食品

コラーゲンといえば肌の弾力とハリに不可欠な成分として知られているよね。しかし、コラーゲンは肌だけじゃない。爪や髪、果ては関節まで、体中の美容と健康に重要な役割を果たすパーツが美しく、健やかに育つために不可欠な成分なんだ!といってもコラーゲンを食事で毎日取ろうとすると肉が多めになるというか、ちょっと献立考えるのが面倒なんだよね。そんな私にぴったりなのがサプリメントではなく、食事に混ぜて食べられる粉末コラーゲン。ニッタバイオラボのHGコラーゲンだったんだ!
骨・関節が気になる方にオススメ★HGコラーゲン

HGコラーゲンとはこんな感じ

密封された粉末と共に専用の保存ボトルと計量スプーンがついてくる。このスプーンすりきり1杯が約3gのHGコラーゲンだ!これを1日に2杯、食事や飲み物に混ぜて摂取する。これだけで、美容と健康のコラーゲンがしっかり体に吸収されるんだ。あら簡単!

カロリー控えめでコラーゲンの他にも嬉しい成分

1日分のHGコラーゲンは、22kcal!ダイエット中でも気にせず食べられるね!コラーゲンペプチドの他にもヒアルロン酸グルコサミンコンドロイチン、ナトリウム、ビタミンC、ビタミンDにカルシウムが摂取できる。これで1日22kcalならアリですよな。

粒子が細かいな!

摂取カロリー量に対してこの豊富な栄養なら、毎日食べたほうが良いな!

HGコラーゲンを食事と一緒に食べてみた

基本的に食生活が乱れている方なので、冷凍パスタとか多いんだよね。粉末といえば飲み物やスープと相性がいいイメージがあるけど、パスタソースにはどうだろう?溶けるだろうか?

と思いながら振りかけていたら、するするするっと溶けていった!

味も臭いも邪魔しない!微調整は必要

これはカニトマトクリーム系のパスタだったんだけど、なかなかどうして匂いが馴染んだ。期待以上!

どこで期待したのかって、HGコラーゲンの原材料にミルクカルシウムが含まれていたからかな。開封した瞬間からスキムミルク系の香りがした。クリーム系の食事なら絶対合うわって、開封した瞬間に確信したね!

ただし、まあ何事にもやり過ぎは禁物である。HGコラーゲンを入れ過ぎると、酸味と臭いが出てくるようになる。サメ軟骨から抽出された成分によるものか、豚皮コラーゲンペプチドによるものかはわからないけど!

まあ、一気にたくさん食べることよりも毎日継続的に食べるほうが大事ってことで、専用スプーン大体2杯をクリアできる程度に微調整しながら足していくのがオススメだね。

クリアな味わいの食事よりもこってり系が多い人にオススメ

HGコラーゲンの味と匂いの相性、そして栄養の偏り方を考えると、HGコラーゲンを食べて欲しいのはあっさり食が多い人よりこってり食が多い人かもしれない。乳製品が不足している人とかね!あっさり食が好きな人なら、味噌汁に混ぜて食べると良いよ。

無調整豆乳などが特にオススメだね!レンジで温めて湯葉を食べてから、HGコラーゲンを混ぜるのだ。すると、無調整で脂肪多めの牛乳のような味わいになる!これは美味い。何かの成分が少しずつ凝固して、ちょっと見苦しいことにはなるけどね!

食生活に美容と健康を+するならHGコラーゲンが使いやすくてオススメ!

粉末コラーゲンといえば、もっと混ざりにくくて料理がぐちゃぐちゃになったり、舌触りや味、匂いがおかしくなるものだと思ってた。粉末がジャリジャリしたりとかさ!

HGコラーゲンはそれが全然なかったのが良かったよね。スキンケアでは解決できない、関節の痛みが治まってきたこともあるし…そこまで1週間位だったかな。効果もなかなか良かった。コレは最高に食べやすくて、美容と健康に良いコラーゲンだ!

コラーゲンサプリじゃ物足りない、コラーゲン献立を考えるのが面倒だけど体と見た目にガタが来ていると感じる私のような人間がいたら、HGコラーゲンはうってつけ。オススメだよ!手当たり次第、食事に混ぜてみて欲しい!

コラーゲンの株式会社ニッタバイオラボ

コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

サンプル コスメ修行の徒然日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。