読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスメ修行の徒然日記

コスメや健康の話題と、XperiaJ1CompactとPENTAXで写真を撮ってお出かけしたりするブログ。電力自由化の話題にも触れていけたら良いんだけど、ブログの方向性に迷うスタイル!Instagramとflickrもよろしくね!

リラクゼーション+トイレのミストアロマ。toaro(トアロ)のラフを使ってみた

モニター フレグランス

一人の時間を充実させるのに最も適した場所はどこだろう。それはおそらく、トイレです。

インテリアで癒やしの雰囲気を演出するのも当然良いのですが、もっと良いのは「香り」。職場や公衆トイレのインテリアはどうにも何ともできませんが、香りがあればいつでもどこでもプライベートなレストルームを持ち出すことができるのです…。

そんなわけで、持ち運べるトイレ専用フレグランスミスト「toaro(トアロ)」を使ってみました。

トイレ前の一吹きでサロンのような空間に

家庭でもリビングに据え置き型のアロマディフューザーを置いている人も多いのではないでしょうか? 香りはもはや、インテリアの一部として定着している存在ですよね。

さらには街で感じるリラックス空間にだってアロマがつきものです。

マッサージ店やサロンと名のつくスポットはもちろんのこと、発展著しく住みたい街ランキングを急上昇させたあげくにシン・ゴジラに踏み潰された神奈川県期待の新スポット「武蔵小杉」駅ビルのトイレでも空間全体にグリーン系のアロマが漂い、内装と合わせてリラックス効果を演出していたほど。

 

それに比べて職場のトイレときたら、何なのでしょうね。そうは思いませんか?

 

必要以上の備品を置かない好意的に言ってミニマルな、率直に無機質な内装。消臭スプレーが置いてあれば御の字といったところ。お家の居心地が良くなればなるほど、出先のトイレの居心地は相対的に悪くなっていく…。

 

せっかく一人になれる空間ですもの。居心地を良くしていこうじゃあないですか。

ポーチに忍ばせてもコンパクトで、人に見られてもトイレの芳香スプレーとは見えにくいデザインが「toaro」の良いところなんです。

「ラフ」はシトラス系のフレッシュな香り

toaroのフレグランスは3種類、「カプリシャス」「プロローグ」「ラフ」を展開しています。ネーミングだけでは何の香りか、まるでわかりませんね。


 

一つのミストにトップ・ミドル・ベースの3タイプからなるアロマが仕込まれています。香水と同じような構成で、スプレーした瞬間の香り、ちょっと時間の経った香り、後に残る香りというアロマの性質を活かして快適な空間を維持していきます。

 

toaro3種の傾向としてはトップにシトラス(+フルーツ)、ミドルでフローラル、ベースにムスクあるいはウッディー、アンバーなどフレッシュで重くない調香になっているようです。

 

私が使用した「ラフ」は3種類の中で最もシトラス味が強い調香とされており、リラックスに加えリフレッシュ効果も得られます。

なんといってもシトラスは老若男女に受け入れられる香りで、公共の場、それもトイレの個室に残してもイヤミの少ない香りでしょう。(他の香りを試していないので比較はできませんが)

シトラス=トイレの習慣がつかないよう、時折タイプを変えていきたいですね。シトラスのアロマを焚くリラクゼーションサロンでトイレの気分を催しては困りますから…。

香りで一息、癒やしの空間をアロマで囲む

香りの強さは、シュッと吹いた瞬間は感じにくいかもしれません。が、後からふんわりと嗅覚に達してプライベート空間をアロマで囲ってくれます。

そう、このtoaro。トイレの前に使うミストなんです。

ずっと香りを出し続ける役目のディヒューザーとは違うから香りは淡くて十分。さりとて消臭効果もあるので、トイレの臭いで全てをかき消されるわけでもない。時にはアロマが勝てない臭いが出ることだってあるでしょうけれど、そのへんは食生活と腸内環境をあれこれして…ですかね…。

そんな弱い香りで意味あるのかって、これぐらいが良いんですよ。後から入った人に「個室でオレンジ食べてた」疑惑をもたれずに済みますしね。便所飯ならぬ便所オレンジ…。

 

老若男女に受け入れられるシトラス系の香りとはいえ、他者が強すぎる臭いと感じればそれは悪臭。その辺も含めてエチケットなのです。

キャップがしっかり閉まるのが良しくも悪しくも

ミストを持ち運ぶとき、液だれもホコリの付着も防ぎたい。toaroのキャップはしっかり閉まるので安定して持ち運ぶことができます。
それが災いするとき、それは急ぎの用で入室した時でしょう。うわあキャップ!キャップ!早く!!

 

用を足す前の一吹きが一人で息をつく空間を生み、またその合図ともなり得えるでしょう。トイレに持ち込むものとして定番の本やスマホに、フレグランスミストが追加される日もあるかもしれません。

一般的な消臭スプレーの合成香料感、ガススプレー臭が苦手な人にミストタイプがオススメです。


 

https://www.lettuce.co.jp/products/detail/5669

サンプル コスメ修行の徒然日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。