読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスメ修行の徒然日記

コスメや健康の話題と、XperiaJ1CompactとPENTAXで写真を撮ってお出かけしたりするブログ。電力自由化の話題にも触れていけたら良いんだけど、ブログの方向性に迷うスタイル!Instagramとflickrもよろしくね!

花粉症を早急に鎮めたい人向けサプリ「アレルトール」を試させてみた

花粉症と言えばひと月足らずで半年分のティッシュを使い果たし、外を100m歩くたびにくしゃみが一つ。学生の時には下を向くだけで書類に水玉ができて、(自由な校風だったために)机の上にボックスティッシュを設置している風景もまた花粉症の風物詩でした…。

社会人になって不意のくしゃみが何かえらく大変な事態を呼びそうなことも増えてきて、大人の花粉症は事故にもつながる一大事と知ることとなります。

親のすすめで甜茶などを試してみましたが、あの甘ったるいお茶と言うものがどうにも口に合わず、一日にちょろっと飲んだだけで花粉症が収まるはずもなく。耳鼻科に通って花粉症の薬を処方してもらうほどフットワークも軽くなければ時間も合わない。さてどうするか…といえば、うってつけなのはそう、サプリメント! 「アレルトール」!

アレルトールが花粉症を抑えるサプリメントと聞いて、これで効果があるならかなり手軽だと思いつつ、実はワタクシここ数年ほどで花粉症の症状が段々収まりつつありまして、なんと今年になったらついに何の症状も出てこなくなったとかいう原因不明の突然変異を迎えましたため、アレルトールは同居の彼氏(30代後半・花粉症レベル★★★★)に飲ませてみることにしました。

サプリメントは飲みやすくて良さそう! 味も臭いも気にならないのが魅力

日頃からマルチビタミンだの亜鉛だのを摂取しまくるサプリメントダイスキマンな感じなので特に抵抗なく始めさせることができました。

サプリ大好きマンのお薬コレクション

あっ…

見なかったことにしてあげよう。(インターネットは全世界に向けて公開されています)

個人輸入品なども多量に混じっており、粒が大きいとか臭いが強いとか私は思うのですが当人は気にならない模様。アレルトールは一瞬柑橘系の香りがした気がしましたが臭いは弱く、海外サプリに慣れたサプリマンは何の抵抗もなく飲み続けておりました。

大人の花粉症は運転中の事故リスクがありそう

さて、このサプリマンはバイク通勤をする人ですから、走行中にくしゃみや目のかゆみがあってしまっては命の危険に関わります。ヘルメット内はおそらくぐしょぐしょで衛生面も不安ですし、花粉症のお薬にありがちな副作用:眠気があっても大変です。

サプリマンにとっては生まれて初めてとなる花粉症サプリ「アレルトール」を摂取した彼氏は無事に花粉のシーズンを乗り越えることができるのか? 2017年3月~4月にかけて観察してみました。

1km走行中に一度はくしゃみをする男性がアレルトールを飲んだ結果

タンデム走行していても一定時間ごとにくしゃみを発動し、ドライブを堪能する前に顔も鼻も目も真っ赤でぐしょぐしょになってしまっていて見ているこっちがしんどいという惨状だったサプリマン。家に居るときすら、天気の良い日中はくしゃみと鼻水がひどく休日のお昼寝も妨げられてテイッシュの備蓄も増やさなければならず…ワンルームで逃げ場がない同居は花粉の季節、大変なのです。

アレルトールを飲んでから変化が現れたのは翌日の曇りの日。花粉がよく飛ぶのは天気の良い日ですが、曇りの日にもそれなりに飛んでいる花粉にすら反応していたサプリマンが何か元気な様子を見せているのです。

「今日はなんか鼻に来ない! でもアレルトール飲み始めて1日位しかたってないから様子見だな(ドヤ」といって、次の晴れの日を楽しみに待っておりました。花粉がたくさん飛ぶ日なら、新しいサプリメントの効果を肌で実感できると思って楽しみにしているのです。

サプリマンがこよなく愛するマルチビタミンやアルギニンなどのサプリメントは、服用しても何か特別に変化があるわけではない類のものなので毎日飲んでいても楽しみが無いのでしょうね。効果を実感できないつまらなさと言いましょうか。その点、花粉症という見た目にも体内的にも明らかなものへの効用なら実感しやすく、サプリマンはアレルトールがかなり気に入った模様です。

効果があるのは楽しい! 気になる価格は?!

来年も買おうかなー! とか言いながら販売サイトを見て一瞬ぶっ飛びそうになっていましたが、自分の輸入サプリも大体似たようなものである上に花粉症への効果を考えると4,350円は適正価格に思えてくるような…。通常価格が4,350円、しかし定期価格なら初回980円って、何その落差! 年中飲むものじゃないし! などとも漏らしておりました。

アレルギーは花粉に限らないものですし、花粉症は春だけに限定されるものではありませんからね。ハウスダストなど、年中ムズムズする人なら定期購入もありかもしれません。だって毎日、楽になりますからね。

アレルトールって何よホントに効くの? 植物派サプリのイメージ

アレルトールというサプリメントは、内容物を見ると普通に自然界にありがちな果物や甜茶、乳酸菌などで構成されています。(果物だってお茶だって乳酸菌だって人の手で丹念に世話されなければそこまでの味、もとい成分構成にはならないのですがそれはさておき)アルギニンとかシステインとかいうカタカナ成分のサプリメントこそ純粋な有効成分の塊であるとする科学の信徒は疑いの眼で見てきます。(今となっては何も言わないですけれど)

乳酸菌と甜茶が花粉症、ならびにアレルギーを抑制する効果は以前からものすごい規模で検証の目に晒され、そして世に残り続けている凄い花粉症対抗食品だと思うのですけれどね。そんなわけで、乳酸菌と甜茶がなぜ良いとされるのかをつらつら説明した一部をさっくりまとめてみます。

乳酸菌がなぜ花粉症に対抗する食品とされるのか

人間が食物を摂取したとき、胃で消化して腸で吸収します。外部から入ってきた物は形を変えながら食道などの管を通ってきただけで、完全に体内に取り込まれるのは腸に到達した辺りだということですね。大雑把にね。

腸にはたくさんの菌が棲んでおり、その中には善玉菌やら悪玉菌やらがいるわけです。そこで悪玉菌が多すぎるとその辺にある元食品を腐敗させて腸の粘膜に炎症を起こしたり下痢だ便秘だと引き起こす毒素製造装置になってしまいます。逆に善玉菌が優位であれば腸が綺麗で免疫力に優れ、変な成分が体内に侵入しかけたからと言って過剰反応を起こすようなアレルギー反応を起こさずにいられるとかそんな感じの話を昔聞きました。

Souvenir Foto School: Day 29 - Y for Yogurt

善玉菌の一種たる乳酸菌にも様々な種類がおりますために○○菌だとか○○株とかが乳製品メーカーによりブランド化されるわけでして、今回試してもらったアレルトールには数多の乳酸菌より選ばれし【KT-11】と【EC-12】が配合されています。選定の理由は「ムズムズ・ピリピリと戦う」ということなので、肌や鼻粘膜、目の粘膜に花粉を感じてカユカユしてしまう大部分の花粉症ユーザーに求められる効能だと考えられます。

甜茶が花粉症ティーとして愛飲され続ける理由

味のハードルさえ乗り越えられれば最も広く愛され続ける花粉症対策が甜茶ではないでしょうか。中国の一部地域にのみ自生する実は貴重な植物だそうですが、甜茶は中年女性に堅く支持される (ある種の)ハーブティーというイメージがあります。甜茶ポリフェノールによる漢方的な薬効「ズルズル、ムズムズ対策」に加え、眠気などの副作用が弱いイメージで体の負担が軽く飲み続けられる手軽さが魅力。

春はまだまだ肌寒いことが多いので、ひんやりしたヨーグルトは体が冷えてしまいしんどい気持ちは正直ありますよね。焼きヨーグルトみたいな食べ方もあるようですが、オーブンが無い家だってあったりします。ホットティーで飲める甜茶は桜の咲ききらないシーズンにうってつけ! 味と喉ごしさえクリアできれば、ですが。

ハーブティー好きな私ですが甜茶だけはキツイのでコカ・コーラぐらいしか美味しい飲み物を知らないような彼氏にはおそらく非常に厳しい。香りだけで避けられるのが目に浮かぶ。故に、アレルトールというサプリメントの形を取ったとして、まさか奴の口に甜茶を入れられる日が来るとは全く思っていませんでした。

発酵黒じゃばら

アレルトール最大の武器はおそらく、じゃばらという和歌山県北山村にしか自生しない柑橘系の果実でしょう。抗酸化作用をもつナリルチンという植物性ポリフェノールの一種をものすごく多く含有しており、ムズムズやズルズルに対抗する力をサポートしてくれるのだそう。そしておそらく花粉症対策関連に使われるのは日本初とのことで、今までヨーグルトや甜茶を試してもダメだった人に強烈なアピールとなります。

これを黒くなるまで発酵させて粉末化したものがカプセルにギュッと詰まっているようです。成分表示で記載される成分は分量が多い順に並んでいるそうですが、アレルトールの場合はこんなかんじに。

発酵黒じゃばらが多く含まれている期待の新サプリ、どの成分が良かったのかはわかりませんが甜茶もヨーグルトも食習慣にない人はかなり良いかもしれません。効いてるのか分からないサプリメントに退屈しながら鼻をムズムズさせている人にもかなり「刺さる」商品かもしれませんよ。

アレルトール
https://rashiku.co.jp

この記事は株式会社イオスさんのブログリポーターに参加中です。

サンプル コスメ修行の徒然日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。